2009年05月19日

多くの場合それは勲章

ジャンプの3月期トレジャーの発表見た。
もう自分が落ちてるのは編集の方に教えてもらって知っていたんだけど、どんなのが賞とってるのかと思って。



もうなんか、悔しいとか、あんまりそういう気持ちすら湧かない。
いや、自棄になってるわけじゃなくて、ただただすげーって思ってた。
1カットずつくらいしか紙面には載ってなかったけど、描いた人のものすごいたくさんの色々なものとか時間がそこに詰まってると思った。
いろんなものを犠牲にしないとそのレベルには達しないんだろう。
自分もある程度犠牲を払ってきた感はあるけど、まだまだ足りないんだろうと思う。

大それた夢だけど、
今まで自分の心の隅にはジャンプで描いてるプロになりたいっていう夢がずっとくすぶってた。
きっとそれはそんな職業があると知った時から持っていた夢だ。
でもそれが否定されるのが怖くていつも決定的な諦めがつかないでいた。



最近になってやっとちゃんと諦めがついた。
不思議とそんなに悲しくない。



あんまり悲しくないのは、きっと思ったより他の世界も面白いということがわかったからだと思う。
本当に嬉しい。
ありがとう

posted by カゲル at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 立入禁止区域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。